STAFF BLOG インターネットのプロ目線コラム

競売 CBR250RR ラジエター ハルクプロ ラジエーター BIG エンジン、冷却装置

フリードGB3/4系 スパイク対応 ハイブリッド カーテン サンシェード 車中泊 グッズ プライバシーサンシェード フロント用 『01s-c009-f
今回もデザインとは関係のないトピックをみなさんにシェアします。笑
それはズバリ
SEO対策です。
え、もう聞き飽きた話題だって?
そんなことをおっしゃらずに、ノムラと一緒にSEOの復習をしましょう!

SEOってなんだっけ

SEOとは簡単に言うと
インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、より多く露出するための一連の取り組みのことを言います。
前回、前々回でGoogleマイビジネスのことつらつらと書きましたが、あれもつまりは、マイビジネス登録という方法で上位表示させるわけですからSEO対策と言えます。
(前回→https://www.mymall.co.jp/blog/post10855
【 送料無料 】A&D(エーアンドデイ)電子計測機器 直流安定化電源(30V、2.5A)AD-8724D〔代引不可〕【 お買得 】)
 
ちなみに、検索の上位表示ってどうやって決められているか知っていますか?
ds-1722139 名古屋市 家庭資源20L手付マチ有10枚透明NJ20 【(60袋×5ケース)合計300袋セット】 38-549 (ds1722139)

  • 閲覧回数
  •      

  • ドメインパワーの強さ

今回はこちらの2点に絞ります。
 
閲覧回数によって決まる、というのはなんとなく想像がつくのではないでしょうか。
閲覧回数が伸びれば伸びるほど、そのサイトはさらに上位表示されやすくなるというシステムです。
逆に言えば、閲覧されないサイトはどんどん下位に表示されるということです。
あなたのサイトはどちらでしょうか。
 
続いて、「ドメインパワーの強さ」というのは


この赤線部分の強さのことです。
この画像の場合だと、上位にはクラシル・クックパッド・キッコーマンなどなど、大手企業や更新頻度の高い、誰もが知っているサイトが上位表示されています。
これらは運営歴も長くて、たくさんのサイトからリンクが当たっているドメインのため、ドメイン評価が高くなり、ドメインパワーが高くなるのです。
 
他にも、ビッグキーワードや固有名詞の場合は、ほとんどの確率で1ページ目に、Wikipediaが表示されています。
Wikipediaは上位表示に向いているドメインパワーが強いサイトで、内部リンクもしっかり整っているので、安定的に上位表示されているのです。
 
ゴムクローラー 400 75.5 74 オフセット ヤンマー 建設機械用 B6-3 1本 送料無料
このサイトを含めたほとんどのサイトは、2ページ目以降に表示されるということです。
タンス チェスト ローチェスト 幅120 4段 完成品 収納 引き出し 北欧 おしゃれ 白
実に75%のユーザーが、2ページ目を開かないという事実を知っていますか?
すのこベッド二つ折り式 檜仕様(セミダブル) 涼風
閲覧される方が奇跡に思えてきませんか?
SCREENARAMA 交換用スクリーン Acer Aspire A517-51G、LCD LEDディスプレイ ツール付き Acer Aspire AがGoogleMap対策を打ち出している理由はまさにそこにあります。
これはSEO対策とは別の、MEO対策の話になりますが
それに関してはまたいつか。
 
次回はSEO対策についてシェアします。
Nuragold 14k Yellow Gold 2mm Rope Chain Diamond Cut Italian Pendant Necklac
123PAGO.NET RSS